カリキュラム

入門

入門班は、こんなクラスです。

初心者クラスではあるのですが、韓国情報はセタハンで一番早いかも。

みなさん韓国ともっとディープな関係を望んでセタハンに来ました。

スタートして1年も経つと

文字は問題なく読めるようになり、

映画の言葉も、結構わかるようになりました。

 

とにかく初めてのハングルからスタートですので、

日本語とハングルが飛び交います。

その日本語の割合も、一年経つ頃にはだんだんと減ってくるんですね。

他の語学学校での挫折組や、忙しいけれど韓国語を学んでみたい、

中には“ソウルで食堂のメニューが読めればいい!”と言い切る人まで、さまざま。

歴代の先生は

「大変だけれど、教え甲斐があります」とおっしゃって下さいます。

 

今年は月1で日本人の先生に参加していただきました。

文法のはっきりしない部分を分かり易く説明したり、私達が

陥りがちな問題点などを指摘していただいたり、より効果的な

学習に繋がることを期待しています。