先生紹介

先生紹介


セタハンの各クラスをご担当いただいているステキな先生方に自己紹介をしていただきました。なお、毎年少しずつ先生が入れ替わります。


    会話班
先生のお名前は?
安(アン)先生
現在は何をされていますか?
大学院で社会学を学んでいます。(韓国語で)本を書いたり、日本語の本を韓国語で翻訳したりもしています。
日本との関わりは?
高校時代に日本の漫画やJ・POPに興味を持ち始めて、大学の時、1年間交換留学をしました。その後からも日本や日本語に関わる仕事をちょこちょこやってきまして、大学院も日本で進学することになりました。
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
語学に近道はないけど、より効率的な道はある。外国語会話はその言語で構成された場面のフローをどう把握するかにかかっています。フローを把握するためにはまずその場の「集中力」が一番大事ですが、それより重要なのが「パタン」に馴染むことと「パタン」を練習することです。もっとも韓国語の対話らしい表現やパタンを中心に、多様な状況に聞き慣れ、言い慣れるように練習していきましょう。


    入門班
先生のお名前は?
崔(チェ)先生
現在は何をされていますか?
外国人に韓国語を教えています。
日本との関わりは?
夫が日本人ですので、結婚してから日本で住んでいます。
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
韓国語の文字であるハングルは、はじめて見る人には記号に見えると思います。勉強を進めていくと、それが音を表していることが分かり、読めるようになります。また韓国語の文法や単語は日本語と似ているものが多く、日本人には馴染みやすいと言われています。言葉は伝えるための道具です。勉強と考えずに、言葉を使う楽しさを感じてもらえたら、と思います。「聞き取れた!伝わった!」という喜びを感じられるように、一緒に楽しんで学んでいきましょう。

先生のお名前は?
竹内先生
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
私は数年前までセタハンで韓国語を学んでおりました。セタハンは私の韓国語の原点であり、留学生の先生や仲間たちとワイワイやりながら韓国語を学ぶ面白さを教えて頂いた貴重な場所でした。今回教える側の立場として再び戻って来られたことを大変幸せに思っています。
チェ先生とタッグマッチを組んで、月一回のペースで入門クラスを担当することになりました。生徒さんに一番近い立場という特性を活かして、皆さんに寄り添い勉強が少しでも楽に楽しくなるようなお手伝いが出来ればと思っています。よろしくお願い致します。


    初級班
初級クラスへ
先生のお名前は?
キム先生
現在は何をされていますか?
韓国語講師業(教室、プライベートレッスン)の他、通訳・翻訳のお仕事をしています。
日本との関わりは?
学生時代からJ-POPが好きで日本語の勉強を始めました。留学後、東京の広告会社と商社で働きました。
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
初級クラスでは特に、韓国語の発音・イントネーションのルールを練習しながら会話の勉強をし、好きなK-POPや韓国のドラマ、映画ミュージカル、文学、料理、旅行など趣味の話出来たらと思います。一緒に楽しく勉強しましょう!


先生のお名前は?
竹内先生
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
私は数年前までセタハンで韓国語を学んでおりました。セタハンは私の韓国語の原点であり、留学生の先生や仲間たちとワイワイやりながら韓国語を学ぶ面白さを教えて頂いた貴重な場所でした。今回教える側の立場として再び戻って来られたことを大変幸せに思っています。
キム先生とタッグマッチを組んで、月一回のペースで初級クラスを担当することになりました。生徒さんに一番近い立場という特性を活かして、皆さんに寄り添い勉強が少しでも楽に楽しくなるようなお手伝いが出来ればと思っています。よろしくお願い致します。


    中級班
中級クラスへ
先生のお名前は?
魚(オ) 先生
現在は何をされていますか?
日本大学大学院の芸術学研究所で放送を専攻しております。
日本との関わりは?
最初は日本語だけに興味があり、語学研修として日本に来ました。一年間日本で暮らしている間に日本のことが好きになり、自分の専攻を活かして大学院への進学を決めました。いつの間にか、日本に来てから6年目になりました。
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
こんにちは。セタハンの中級を担当しているオ・ヘウンと申します。
ニックネームは「さかなちゃん」です。私も日本語をひらがなから習い始めた経験があるので、皆さんの気持ちがよく分かります。語学は途中で諦めず、こつこつとすることが一番重要です。私と一緒に諦めず、楽しく勉強していきましょう!잘 부탁합니다^^(チャルプタッカムニダ=よろしくお願いします)


    応用班
応用クラスへ
先生のお名前は?
李(イ)先生
現在は何をされていますか?
韓国語を教えています。以前は東京都内のスクールで教えていましたが今は個人で教えています。
日本との関わりは?
私も最初は皆さんと同じく趣味として日本語を始めましたが、日本人のお友達もたくさんでき、日本に何度も遊びに来ているうちに日本で暮らしたくなったんですね。 その当時は韓流ブームのピークだったので、韓国語教師養成課程を終了し、韓国語とともに韓流以外の文化も伝えることができたらいいと思って来ました。
正直に言うと私が日本語を習い始めたのは英語が思う様に喋れなかったから。 日本語は韓国語と似ていると言うし、それなら英語より簡単に喋れるかな?と思ったのがきっかけでした。
自己PRとこれからセタハンに来る方へのメッセージ!
いざ勉強してみると日本語と韓国語は本当に似ていて楽しく勉強することができました。 皆さんと同じく社会人になってから趣味として勉強していたので忙しい時もありましたが辞めようと思ったことはありませんでした。 色んな事に興味を持つ様になり、ますます楽しく細々と続けていたら日本人と問題無くコミュニケーションが取れるまでになりました。 日本語と韓国語がこんなに似ていて習い易いのだから日本人と韓国人はお互いの言葉を習わないと絶対損だと思います。 皆さんも一緒に楽しく長く韓国語の勉強をしましょう。